PR

「鬼滅の刃」というタイトルに隠された意味

月と刀 オススメ映画・DVD・CD

鬼滅の刃 第二期が2021年12月より放送

みなさんこんにちは!

テレビで第二期の鬼滅の刃が、フジテレビ系列で毎週日曜午後11:15〜、この12月よりいよいよ始まります。

またそれに先立って、「煉獄杏寿郎が無限列車へ乗り込むまで」のテレビオリジナルストーリーを追加して、映画「無限列車編」を再編集したものが、5回に分けてこの10月から放送されている。

なんと、よもやよもやでこのコロナ禍で疲弊した鬼滅ファンを喜ばせてくれようとは。

映画「鬼滅の刃ー無限列車編」が400億の興行収入を突破し社会現象はとどまるところを知らないこの作品。

機関車

私もすでにブームが始まっている頃、少し出遅れたが動画配信サービスでアニメを観て見事にハマった1人です。

その後に、先が気になり原作本を揃え、久しぶりに漫画を読んで思いっきり泣きまくるという経験をしました。

時は過ぎ、自分の中で一通りハマり終わって、この度第2期が始まろうとしている中、もう一度原作漫画を読み直し、さらに内容を理解したり予習しておこうと思った次第。

そんな時に、ふとタイトルをジーッと見ていて気づいたことがある。

映画のあらすじ・感想・レビュー ピアノ調律師を目指す青年の成長物語「羊と鋼の森」 
主演の山﨑賢人さんが、調律師という難しい仕事へのひた向きな姿を、細やかな表情で見事に演じています。 そしてなんといっても、存在感がありながら、とても繊細で美しい音色を放つ、魅惑的な楽器「ピアノ」の魅力がふんだんに盛り込まれています。

「鬼滅の刃」というタイトルをよく見てみると

炎

すでにみんなが承知の、「鬼を滅する刀で主人公や仲間たちが鬼を退治する」という意味であることは言わずもがなですが、そのタイトルの漢字の中でも、さりげなく中身を公表しているんです。

そう、漢字をよく見ていると気づくかと思います。

それは、鬼という字の中にカタカナの「ム」という字が入っているんです。

もうこの物語を知っている人はわかると思いますが、鬼滅で「ム」というと思い浮かべるのは、まさしく鬼の始祖である鬼舞辻無惨のことに他ならないでしょう。

そして、さらにそれを「滅」するという字が使われているのですが、その「滅」という漢字の中には、鬼舞辻無惨を含める鬼たちを、主人公が己の刀から繰り出す技で倒すのに必要な「火」という漢字が入っているんです。

「刀の技で繰り出す火を使って鬼の鬼舞辻無惨を倒す」と、タイトルに使われている漢字の中でストレートにこの話の概要を読み取ることができてしまうんです。

偶然なのか、作者の意図的なものなのはわかりませんが、タイトルの意味だけでなく、そこに使われている漢字の中に含まれているものにさえ物語のキーワードが入っているいうのは面白いですね。

youtube on TV を設定してテレビでyoutubeを快適に観る方法
youtube動画をテレビで快適に観たい!と思いませんか? スマホに表示したyoutubeの動画を、スマホで操作しながらテレビ画面で快適に観る方法を今回はご紹介したいと思います。

 

鬼滅の刃が見れるAmazonプライムビデオ

鬼滅の刃が見れる動画配信サービス、Amazonプライムビデオは無料体験可能です。

まずは無料体験して見たい方はこちらから
⬇️

Amazonプライムビデオ30日間無料体験に登録してみる

 

Amazonプライム会員に登録したい方はこちら
⬇️

月々500円のAmazonプライムビデオに登録してみる

 

まとめ

禰󠄀豆子の柄

鬼滅の刃には、見れば見るほど後から気づくようなことがたくさん出てきて飽きさせません。

このタイトルに関することだけでなく、鬼滅の刃に出てくる登場人物の背景やセリフには、意外な事実やエピソードが隠れていたり、現代社会に投げかけたり気付かされるような胸を打つセリフがたくさん出てきます。

さらに読み直してみることで深掘りできる要素がふんだんに盛り込まれているので面白さが倍増します。

今回はさらっと鬼滅の刃のタイトルについて書いてみました。また気になることがあったら鬼滅の刃に関する記事を書いていこうと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました