PR

主婦の仕事 パートの選び方② 一般事務

オフィスで働く女性 仕事の選び方

みなさんこんにちは!

主婦のみなさんは子育てしながら家事をこなし、日々頑張っていることと思います(^^)

育児で仕事を休んでいて、子育ても落ち着き、仕事をまた始めたいと思う方も多いのではないでしょうか。

私も、下の子が小学生になるまでは育児に専念し、ずっと主婦業に専念していました。

でも子供が学校に通うようになると、自分の時間を持てるようになり、毎日の生活費や将来の教育費、老後の足しに少しでもなればと、約10年ぶりに仕事することを考えるようになりました。

そして、今まで私はパートとしてカフェの店員やスーパーでの接客業務、不動産の事務と、いくつかの仕事を経験してきました。

それぞれの職場でいろんな経験を通し、苦いことも嬉しかったことも学んだ私が、自分に合う職業の選び方を伝授したいと思います☆

そして今回は、事務職について話していきたいと思います☆

 

スポンサーリンク

事務職とは

オフィスワーク

事務の仕事は主に、

  • データ入力
  • 書類作成
  • 電話受付
  • 書類整理
  • 来客対応

などがあります。

事務は一般的に会社を陰で支えるサポート的な役目を果たしており、コツコツとデスクで作業するお仕事です。

どんな仕事にも事務の仕事というのは欠かせないものであり、一般的にパソコンでの作業や電話応対がメインです。

事務職の種類

一般事務

仕事内容:お客様からの電話応対や来客対応、データ入力、資料作成、 etc

資格:不要

パソコンスキル:不要、またはword、exel経験のある人

経理事務

仕事内容:会社のお金の流れを記録、管理する業務、経理システムデータ入力、決算業務etc

資格:不要、または簿記3級以上

パソコンスキル:不要、またはword、exel経験のある人

総務・人事

仕事内容 : 会社の従業員の出勤状況、備品管理、給与計算、人材採用etc

資格:不要

パソコンスキル:不要

コールセンター

仕事内容:電話での問い合わせ、クレーム対応

資格:不要

パソコンスキル:不要

事務の仕事が人気な理由

1.重労働が少ない

基本的に座って作業することが多い事務の仕事は、重い荷物を運んだり重労働を強いられることが少ない業務です。

そのため営業や接客の仕事よりも肉体的な疲れは起きにくい業務です。

2.一日中快適な温度で過ごせる

営業などの仕事は、夏でも冬でも、厳しい気温のなか外周りをしますが、事務はデスクワークなので、室内がエアコンのおかげで常に快適な温度となっています。

エアコンは乾燥しやすい点もありますが、事務の場合、途中で飲み物飲んで一息つくことも比較的出来やすいので、接客や営業の仕事に比べると快適に過ごせる環境が整っています。

3.exelやwordのパソコン知識が身につく

事務にパソコンは不可欠です。

exelやwordは顧客の個人情報や様々なデータを管理するのに必要なソフトであり、ほとんどの会社で使われています。

しかし、会社に入る前にパソコンを触ったことがない人でも、入社してから研修などで教わることが多いので、仕事をしていくうちに自然と覚えていきます。

またパソコンを使うということは、タイピングも必要になってきます。

タイピングを覚えてexelやwordもわかるようになると、もし転職したとしてもほとんどの職場で使用するため後々役に立ちます。

4.自分のペースで業務を進められる

忙しい職場だとなかなかそうはいきませんが、事務の仕事もこなしているうちにだんだん慣れてきます。

慣れると、業務の優先順位がわかってきて、自分のやりやすい仕事の進め方を覚えていくので、ある程度無理のないペースに合わせて業務ができます。

5.デスク周りを使いやすくカスタマイズできる

事務の仕事について自分のデスクを与えられると、作業しやすいようにカスタマイズして、より快適に業務を行うことが出来ます。

例えば、夏は暑いから携帯用のファンを置いたり、腰痛対策に背もたれにクッションを置いたり、小型の加湿器を机に置いたり。

また会社の用度品も使用できますが、お気に入りの文具を使えば、さらに仕事も楽しく出来て、はかどるでしょう。

 

事務に向いてる人ってどんな人?

事務に向いている人はどんな人でしょう?

1.パソコンが得意な人

パソコンを昔使ってた、ブラインドタッチが出来る、exel、wordが得意、電話応対が得意な人など、過去に事務の経験がある人は会社からも重宝されます。

また、今の若い人たちはパソコンよりスマホでの文字打ちが主流のため、意外とブラインドタッチが不得意な人も増えています。

そんななか、もしブラインドタッチやexel、wordが得意であれば、会社にとって頼もしい人材となります。

2.コツコツ行う作業が好きな人

事務はコツコツと一人で作業することが多いです。仲間との連携もありますが、データ入力、資料作成などは一人で黙々と行う業務です。

なので黙々と作業する、コツコツと一人で行うことが好きな人は事務に向いています。

3.肉体労働に自信がない人

体力的なことや、体に不調がある人は、動き回ったり重労働が多い仕事よりも、机に向かって座る作業の方が負担が少ないため、事務の仕事に向いています。

4.電話での会話が好きな人

女性だと、友達とつい長電話してしまうほど電話で話すのが好きな人もいます。

そういう方は、事務の仕事は電話がかかってくることも多いので向いています。

5.内向的な人

あまり目立つのが好きでない性格の人は、事務の仕事が向いていると思います。

事務とは反対に接客の場合、人からの注目を集めます。

なので恥ずかしがり屋の方は事務の仕事の方が向いているでしょう。

6.文字を書くのが好きな人

パソコン作業が主流でも、まだ書類にサインしたり、下書きを書いたり、校正したりと、文字を書く作業も事務では行います。

なので、文字を書くのが好きな人も、事務の仕事に向いています。

 

事務の仕事=ラクではない理由

事務の仕事はとても人気があります。

なので、経験がない人は、なかなか事務の仕事に就くには少しハードルが高いかもしれません。

また事務の仕事は楽なイメージがありますが、狭い人間関係なので、合わない人と一緒に仕事をすると、ストレスになってしまいます。

仕事は、その内容よりも人間関係の方が自分自身に影響してきます。

また事務の仕事にも種類があり、ひたすらデータ入力をしている仕事もあれば、ほぼ電話応対で一日追われるコールセンターなどと様々です。

ひとくくりに事務、と聞いて飛び込もうとするのではなく、事務の仕事でも自分に合った業務を考えて選ぶことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました